レーザー治療で毛穴を目立たなくする|接近されても心配ナッシング

女性

肌の悩みは美容医療で解消

美容整形

熱エネルギーが肌を刺激

近年では、美容医療の分野でレーザーが使用される機会が増えています。レーザーは光エネルギーの一種ですが、肌に照射することで身体の中の水分と反応し、熱エネルギーに変換されるという特徴を持っています。この熱エネルギーが、さまざまな美肌効果をもたらします。1つめは、ターンオーバーの正常化です。紫外線による刺激や栄養不足などによって新陳代謝機能が衰えていた肌細胞を刺激し、新しい組織への生まれ変わりを促進します。2つめは、コラーゲンの生成です。真皮層にまで届いたレーザーは繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンの量を増やして肌にハリを持たせます。そして3つめは、ダメージを受けた皮膚の除去です。色素沈着などで修復できなくなった組織を熱で蒸散させ、フレッシュな細胞と交代させます。

たるみやダメージを修復

こうした特徴を持つレーザー治療は、シミやニキビ跡の解消、頬のたるみの改善などの目的に利用されています。さらに、これから需要が増えると考えられているのが、毛穴治療への利用です。年齢を重ねたりスキンケアを怠っていたりすると、どうしても毛穴が目立ってくるようになります。これは肌の弾力が衰えることで毛穴が開いてしまうこと、さらに開いた毛穴などに余分な皮脂が詰まって酸化・変色することなどが主な原因です。こうした毛穴のトラブルに関しては、レーザー治療が非常に有効です。レーザーには細胞の生まれ変わりによる引き締め効果があり、毛穴付近の肌のたるみを解消します。さらに新たに生成されたコラーゲンが肌に弾力性を与え、毛穴の開きを目立たなくします。